忍者ブログ
自作ゾンビ小説の草稿投稿中。
[36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26]
いらっしゃいませ。


自作のゾンビ物語の草稿を投稿中です。
予定では4日間の出来事として書いて
いますが3年も経つと言うのにようやく
3日目。それでもめげずにやって来れた
のは読んでくれる方がいらっしゃるから
こそと感謝しています。今後も感想なり
コメント頂けますと非常にやる気と
励みになります。宜しければ一言でも
添えて頂けますと嬉しいです。
自作ゾンビ物語。
[portrait of the dead]

めざせ!! ゾンビ小説家!!
ゾンビが好きすぎて自作のお話なんか
拵えております。なにぶん素人の
書く物語なので大目にみて下さい。
「ゾンビと暮らす。」(仮)→目次
スペシャル企画。
不定期更新
◆ZOMBIE vs. BABY◆


「生ける屍対赤児/目次」
「産まれて間もない新生児」と
「死して間もないゾンビ」との比較検証。
バーコード
プロフィール
HN:
南瓜金助 (みなみうりごんすけ)
性別:
男性
自己紹介:
別HNカボチャスキのお送りします
来た人だけが知っている秘密の部屋。
言うに洩れずホラー映画が好きです。
憧れの人はフック船長と芹沢博士に
スネーク・プリスキンとDr.ルーミス。
彼らに多大なる恩恵を授かりました。
メールフォーム
リンク
ブログ内検索
最新コメント
[08/15 カボチャスキ]
[08/14 ももちん]
[12/29 カボチャスキ]
[12/28 ももちん]
[11/26 カボチャスキ]
[10/06 ももちん]
[09/03 カボチャスキ]
[09/02 ももちん]
[08/05 カボチャスキ]
[08/04 ももちん]
管理室
→目次ページはコチラから

[portrait of the dead]



父さんの喉元から血がドクドクと溢れ出す。
母さんは耳まで裂けているだろう口でガブガブと父さんの肉を喰らう。
喉笛から唇の周りの肉を平らげると父さんの顎の骨が剥き出しに
なっていた。母さんは父さんの下顎の骨に噛み付き思いっきり
引き千切ると父さんの下顎は上顎から離されかろうじて
頬の肉でブランと繋がっている状態になった。

玄関の敷居に座ったままの姿勢で力尽きた父さんの体は
そのまま壁伝いに徐々に仰向けで廊下に倒れ込む。

僕はどうする事も出来なくて、体を震わせながら
その様子に見入ってしまった。迂闊に近づく事すらも出来無い…。
廊下は父さんから流れ出る血液で満ち潮のように再び血の海と
化して行く。母さんの口が止まる。僕に気が付いたのか、僕の方を向き
その両手を伸ばして来た。下半身の無い母さんは父さんの胸に
背をあてて縛り付けられているので、こっちに近づく気配は無い。
この状況をどう対処しようかと考え倦ねていると、父さんの体が
ビクンと波打ち、目玉がギョロギョロと辺りを確認するかのように
動き出した。

父さん!! 生きている!!
いや、違う。死んで動き始めていた。
その証拠に喰いちぎられた父さんの喉元からは
喉の軟骨と食道が蛇の鎌首の如く伸び出して
獲物を狙うかのようにウネウネと左右に動き始めていた。
父さんの口が使い物にならなくて多分第2の口が出現したんだ。
その軟骨の先端で僕に吸い付き肉を喰らうのだろうか…
不気味な様子に目が離せなくなっていたけれど
父さんの体がゆっくりと起き始めているのに気が付き我に帰る。
まずい、僕は彼らの餌食だ。

どうする!!

前方、2歩程移動すればリビングの入口だ。
僕は様子を伺いながら少しづつ前に移動し、リビングの入口に
届くと一気に中に入った。父さんが起き上がってここに来るまでには
僅かだけれど時間がある。何か、盾になりそうな物はないか?
ソファー、ガラス面のテーブル、テレビ…
違う…もっと扱いやすくて距離の保てそうな物…
キッチンまで移動して見渡す。
流し台の角に立て掛けられた1本の棒が目に飛び込んだ。
母さんがフローリング掃除の時に使うモップ状の道具。
これだ、先端も柔らかい板状の素材で、これで突けばある程度
距離を置いて押さえられそうだ。僕はそれを握りしめると
リビングの入口を見た。まだ、父さん達の姿は無い…
かろうじて内装の解る薄暗いリビングの中
僕は息を凝らし、2人がやって来るのを待った。

静かだ…心臓の鼓動が聞こえそうなくらい…。





ダーン!!!

急に鳴り響いた音に心臓が喉から飛び出るんじゃないかと言う位驚く。
リビングの入口で2人がうつ伏せに倒れ込んだのだ。
血の海で滑ったのか?母さんを抱えながらでは歩き辛いのか?
いや、それより音は外に聞こえなかっただろうか…それも心配だ。
これからする事、玄関の鍵を開け、
2人を外に出さなければならないからだ。
外に出て母さんと共に過ごす…父さんの遺言。
父さんがゆっくり起き上がる。リビングの入口をくぐり
僕に向かって来る。2人の4本の腕は僕に向かって伸ばされ、
耳まで裂けた母さんの口と喉仏を鎌首のように動かした父さんの口が、
僕にゆっくりと近づいて来た。

僕はテーブルを挟んで父さんと向かい合う。
テーブルを挟んだ状態でリビングの入口まで回り込めればいい。
近づいては離れと、父さんを誘導しつつ、僕の背がリビングの入口に
来る位置まで移動し終えるとリビングを抜け、玄関に向かう。
玄関の敷居は血の海だ。踏んで滑っては大変と血の無い所を見つけ
慎重に玄関に辿り着き、まず鍵を開け、外から開いているのが
判らないくらいの位置まで扉を少し開けた。
そしてシューズを履く。
この方が迂闊に血の海を踏んでも滑りにくそうに思えた。
父さんがまだリビングの入口に見えないのを確認し
僕は再び血の海を跨ぐ。手にした棒を槍を構えたように伸ばしつつ
リビングの入口に向かう。父さんの姿がリビングの入口から覗くと
僕は棒を父さんの胸に縛られた母さんの胸元に押し付け
そのままリビングの入口を横切り、目の前に玄関の入口が見える位置まで
体を移動した。うまく行けばこの状態のまま、父さん達を玄関先まで
突き、押し出せる筈。

上手くいってくれ、頼む。

棒が胸に突き立てられた2人の体がリビング入口から徐々に
廊下まで出ると、僕は母さんの胸元に当てた棒をゆっくりと押すように
して玄関までいっしょに移動した。突き出された4本の腕は
僕の30センチ程手前で止まっている。よし、そのまま、そのまま…

問題は玄関の敷居だった。後ろ向きに歩く父さん達が後方など
確認するわけも無く、案の定、足を踏み外すとそのまま後方へ倒れ込み
少しだけ開けていた玄関の扉を勢い良く弾いて家の外まで倒れていった。
玄関の扉は家の外に付けられていたゴム製のストッパーに弾かれ、
玄関先にゴロンと背を着いて転がった父さんの両足が
玄関から抜けた瞬間に戻りバタンと閉まった。
僕はこの思いがけない瞬間に幸いだと思い玄関の鍵を閉め、
2人を外に出す事に成功した。

一息つく。
僕は玄関先に佇んでこれで安心だと思った矢先、
玄関を叩く音が響き始めた。

バンッ、バンッバンッ、バンッ…

これはまずい!!
運良くやつらに見つからずに事を運べたのに、
やつらに気が付かれでもしたら最悪の事態だ!!
なにか、ないか、アイデアは…
僕は持っていた棒をリビングのソファーに放り、
リビング、キッチンと父さん達の気を反らせそうな物を探した。
冷蔵庫の扉に磁石で付けられたキッチンタイマーを見つける。
それをセット。
なんだよ、秒単位じゃないのか!!
仕方なく1分後に鳴るようにセット。
このまま投げて壊れては困るので流し台の横にあったナプキンに包み、
流し台の上にある窓を少しだけ開けると周囲の安全を確認し
窓枠の格子から手を伸ばして正面に見える道路の中央に届けと
タイマーを放り投げた。

タイマーは道路中央に無事に着地。

頼む、上手く行ってくれ。

僕は外の様子がかろうじて伺えるくらいの隙間を開けた窓から
道路を見守った。今、やつらの姿は見えない。
騒がしい夜の後、やつらがどこにいるのか、
全く解らないが今はいない様だ。

残り、50秒、49.48、47、46…

玄関の扉はまだ叩かれ鳴り響いている。
こんなにも時間の経つのが遅く感じたのは初めてだ。

40、39、38、37、36…

玄関を叩く音にまぎれ、かすかに唸り声のような声が聞こえた。
音を聞きつけやつらが近くに現われたのかもしれない。

30、29、28、27…

僕はわずかに開けたキッチンの窓を締める。
息を凝らし成り行きを伺うしか無い。

20、19、18…

バンッバンッバンッバンッバンッバンッ…
4本の腕が扉を叩き付ける。

10、 9、 8、 7、 6、


5、


4、


3…


ピピッ、ピピッ、ピピッ、ピピッ…

鳴った!! タイマーは鳴り始めた!!
頼む、気が付いてくれ!!

ピピッ、ピピッ、ピピッ…

バンッ…

叩く音がやむ。

そのままタイマーの所まで移動して、
そして何事も無かったかのように、
静かな夜の闇の中へと向かって行ってくれ…

お願いだ、父さん、母さん。



(続く)




第23章へ。

みなさま、ご無沙汰しておりました。
第22章、お送り致します。短いですが(凹)
忙しくなり順調に思えた仕事がなんと4月から一気に無くなり、
ワタクシ結局また就職活動しないといけない状態になりそうで…
書きたくてもどうにもこうにも体が空かず…悪循環。

しかし、そんな中でも今後の展望は頭の中で出来つつあり
終章のエンディングの文章まで浮かんで、流れは出来ています。
2日目の残りも彼女とのカメラと写真のエピソードで終わり
開けて3日目、僕は彼女を連れて彼女の家まで送り届けようと奔走。
動き始めている電車の線路に注目。やつらの異様な光景を目の当たりに。
そして予定通りの4日目はセオリー通りの人間対人間で
締めくくりたいと考えています。

書く気は全然失っていないのでその点だけは自信あります(笑)
では、また!!
PR
この記事にコメントする
NAME≫
SUBJECT≫
COLOR≫
E-MAIL≫
URL≫
COMENT≫
PASS≫
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


トップへ 忍者ブログ [PR]